Q&A

親知らずを抜歯/その後、再び生えてくることがあるのか?

人間の歯は、乳歯から永久歯へ1回だけ生え替わります。乳歯の本数は20本、永久歯の本数は親知らずを含めると全部で32本。永久歯は、乳歯の下から生え替わる歯もあれば、顎の成長に合わせて乳歯の後ろから生えてくる歯もあります。

この永久歯は、その名のとおり一生モノの歯であり、一度失ってしまうと再び生えてくることはありません。親知らずは永久歯ですので、「抜歯した親知らずが再び生えてくることがあるのか」という質問については、答えは「NO」です。

なお、珍しいケースですが、同じ場所に2本の親知らずがある人や、過剰歯といって親知らず以外に必要以上の本数の歯がある人もいます。

それらの歯が親知らずを抜歯した後に出てきた場合、親知らずが再び生えてきたように感じるかもしれません。また、抜歯した時に歯の根っこだけを抜き残してしまい、それが後になって出てきたという可能性も考えられます。

いずれにせよ、親知らずの抜歯後に歯のようなものが出てきたら、歯科医を受診してください。

この記事につけられたタグ

Q&Aトップへ

このページの先頭へ