外貨による資産運用

編集=山田 賢人

外貨を使った資産運用としては、円をアメリカドルやユーロなどに替えて預金する外貨預金が挙げられます。

外貨預金は円預金と比べると、通貨によっては金利が高いというメリットがあります。また、円高で預け入れをし、円安になった時点で引き出しをすれば、為替差益が発生します。

その場合には円貨元本が増加することとなり、結果的に高利回りで運用できたことになります。その際円ベースでの利回りを良くするには、円高で預け入れし、円安で引き出しをすることがポイントです。その時の為替相場を考慮し、満期日以降どうするかよく考えて取引するのが重要になってきます。

また、使用する期間が決まっている資金で運用すると引き出す時点での為替相場次第では元本割れすることがあるため、短期での運用には向いていません。

さらに、どこの国の通貨にするかも重要となってきます。第一に「通貨の流通量」を考える必要があります。通貨の供給量が多い国の通貨は為替相場が比較的安定していることと、その国の情報が集めやすいことから為替相場の変動をある程度予測することが可能となり、銀行も手数料を低く設定することがあるからです。

次に「資源国かどうか」です。資源国の通貨はコモディティ通貨と呼ばれ、資源の需要が高まるとコモディティ通貨も買いが集まるためです。現在は基本的にはリスクを分散させるために、世界の基軸通貨のアメリカドルを基本に、資源国であるオーストラリアドルなどに分けて投資する形が人気です。

写真

この記事の監修者山中 伸枝(やまなか のぶえ)

東京都中央区にある株式会社アセット・アドバンテージの代表。個人・法人に向けて夢を実現するための具体的方法を、ファイナンシャルプランナーの立場から提案している。[詳細プロフィール]

この記事につけられたタグ

Facebook

資産運用トップへ

このページの先頭へ