妊婦が受ける予防接種について

編集=山田 賢人

妊娠中のワクチン接種は控える

妊婦さんは自分のためだけでなく、胎児のために予防接種を受けるべきかどうか考える必要があります。

予防接種のワクチンには、生ワクチンと不活性化ワクチンの2種類があります。生ワクチンとは元のウイルスの毒性を弱めたものなのですが、やはり生きたウイルスではあるので、胎児への影響が気になります。生ワクチンを使用している主な予防接種はBCG、ポリオ、MR、おたふく風邪、水ぼうそうです。

しかし、不活性化ワクチンなら妊婦さんは接種してもよいというわけではありません。その影響がまだじゅうぶんに明らかになっていないため、できれば接種はしないほうが無難です。

妊娠中のインフルエンザワクチンの接種は、良くないと言われていました。しかし、インフルエンザワクチンは不活化ワクチンなので、抗体はできても毒性がなく、胎児に影響することはなく、実際アメリカでは妊娠後期の接種を積極的に進めています。

日本でも2009年の新型インフルエンザに関しては、妊娠中にインフルエンザを発症した場合の重症度を鑑み、妊娠の時期にかかわらず接種が推奨されるようになりました。

また、妊娠中のインフルエンザワクチンの接種も良くないと言われています。ただし、不活性ワクチンなので抗体はできても毒性がなく、胎児に影響することはないという人もおり、実際アメリカでは妊娠後期の接種を積極的に勧めています。

風疹ワクチンは周りの人も接種を

妊娠中の病気はできるだけ避けなければいけませんが、中でもかからないようにしなければいけないのが、風疹です。生まれてくる赤ちゃんの心臓や耳、目などに障がいが出る確率が高くなります。

ですから、理想を言えば妊娠前に予防接種を受けておきたいところ。また、接種したら2カ月は避妊するようにします。

妊娠後は夫や両親など周囲の人達が妊婦さんに風疹をうつさないよう、積極的に予防接種を受けることが大切になります。もし、妊婦さんが誤って接種した場合、風疹ワクチンが胎児に影響することを考慮して中絶するべきかどうか迷う人もいるかもしれません。

ですが、厚生労働省では、過去に世界で影響が出た事例がないことから、中絶する必要はないという緊急見解をまとめています。

写真

この記事の監修者大西 勝也(おおにし かつや)

三重県津市の大西内科ハートクリニック院長。心不全治療において長年、専門医として、研究・治療に携わる。その豊富な知識と経験で、一人一人に合った治療法を患者と共に考え、信頼を得ている。 [詳細プロフィール]

この記事につけられたタグ

Facebook

予防接種トップへ

このページの先頭へ