予防接種が受けられなかった場合には…

編集=山田 賢人

定期接種を過ぎたら自己負担も

BCGやポリオ、三種混合、日本脳炎など、たくさんの予防接種がありますが、それぞれの接種時期が決められているのには理由があります。母親からもらった抗体が維持できる期間や、赤ちゃんの体力、かかりやすい時期などなどが考慮され、最も効果的な日程が決められているのです。

しかし、受けようとした日に子供の体調が悪くなったり、抜き差しならぬ用事ができることもあります。もし、何らかの理由で必要な予防接種を受けられなかった場合でも二度と受けられないということはありませんから、心配は無用。

BCGなど集団接種の日が設けられている予防接種でも、市町村の窓口や医療機関に相談すれば、別の日に受けることができます。大切なのは決められた日に受けることではなく、子供の体の中にそれぞれの病気に対する免疫を作ることです。

ただし、公費で接種ができた定期接種のワクチンが自己負担になる場合もあります。確認しておきましょう。

遅れた場合は早めに接種する

指定された月齢や年齢時に予防接種が受けられず、その後、何ヶ月も、あるいは何年もたっていても、ワクチンは接種できます。ただし、その場合はたいてい公費では接種できず、全額負担になる場合がほとんどです。

それでも、ワクチンを接種しないよりずっと安心です。免疫がないままでいると、常にポリオや破傷風などの病気にかかる不安がついてまわります。もし重症化して子供の将来や命に関わるようなことがあったらどうしよう、と心配するくらいなら早めの接種を行うようにしましょう。

重い病気などを患っていたせいで受けられなかった場合は公費で摂取できる場合もあるので、自治体に相談してみるとよいでしょう。

写真

この記事の監修者大西 勝也(おおにし かつや)

三重県津市の大西内科ハートクリニック院長。心不全治療において長年、専門医として、研究・治療に携わる。その豊富な知識と経験で、一人一人に合った治療法を患者と共に考え、信頼を得ている。 [詳細プロフィール]

この記事につけられたタグ

Facebook

予防接種トップへ

このページの先頭へ