狭心症とは

編集=権藤 将輝

狭心症(きょうしんしょう)と聞くと、心臓に何か不穏なことが起こっている怖い状態だと感じますが、その実態が何なのかはあまりよくわからない病気なのではないでしょうか?

狭心症とは、発作的に胸のあたりに圧迫感と痛みを感じる病気のことです。そしてその実態は、心臓を動かしている血管の病気です。

心臓と深く関わる冠動脈の役割

心臓は新鮮な血液を身体に送り出すポンプの役割を担っている大切な臓器です。
そのため心臓には、絶えず血液が送り込まれてその血液を押し出すように動いているわけですが、この働きをするために、心臓は心筋(しんきん)と呼ばれる特殊な筋肉でできています。狭心症で問題になるのは、この心筋を動かすための血管です。

心筋を動かす血管の名前を冠動脈(かんどうみゃく)と言います。冠動脈は、大きく分けると左冠動脈と右冠動脈があり、その枝となる血管が伸びています。左冠動脈の方は大きな枝に分かれていて、左前下行枝(ひだり・ぜんかこうし)と左回旋枝(ひだり・かいせんし)と呼ばれる血管となります。

医師が治療を行う上では、冠動脈はこの3本を主な血管として考えます。心臓を動かす心筋は、生まれてから死ぬまで一生動き続ける筋肉です。心筋が休むことなくまたスムーズに動いていることで、心臓はポンプのような動きをしながらよどみなく血液を全身に送り出せるのです。

そんな大切な動きを担う心筋を動かすために、冠動脈を通して絶えず新鮮な酸素と栄養が送りこまれています。この血管が心臓の働きだけではなく、全身の血液循環にとっても大切であることがおわかりいただけるでしょう。

狭心症の自覚症状とは

狭心症に話しをもどしましょう。狭心症とは、この冠動脈血管が動脈硬化などにより狭くなり(この状態を、狭窄:きょうさくと言います)、血流が少なくなった結果、心筋に十分な酸素と栄養が行かなくなって起こります。

時には、なんらかの原因で血管がケイレンして細くなり、血流が減少するために発作が起こる場合もあります。心筋の酸素不足は身体にとっては一大事ですから、圧迫感などの発作となって感じるわけです。

この症状は突発的に起こり、問題となっている血管の場所や状態で様々ではありますが、数十秒から数分間続きます。痛みは胸全体に感じることが多く、突然胸を締めつけられるような圧迫感とそれに伴う痛みに襲われるので、患者さんは大変な不安感を抱くことになります。また、痛みより息切れや動悸、呼吸困難を強く感じる場合もあるようです。

狭心症の自覚症状のことを「狭心痛(きょうしんつう)」と言いますが、医師がとりあえず狭心症に伴う胸の痛み全般を総称してそのように表現していますが、これらは単に胸のあたりが痛いというだけではありません。

医学的に言うと、「胸部絞扼感(きょうぶこうやくかん)」「胸部圧迫感(きょうぶあっぱくかん)」「胸部重圧感(きょうぶじゅうあつかん)」などと表現することもあります。つまり、強く締めつけられるような感じがあったり、重いもので胸が圧迫されているような感じがあったり、胸のあたりが重くて苦しいという訴えなど患者さんによって様々のようです。

また、これらの感覚は胸のあたりだけとは限らず、肩、背中、腕、首、頬、歯、後頭部など、広範囲に感じる方もいらっしゃいます。そしてこれは決して稀なことではありません。

狭心症が疑われた場合、病院では発作の状態や頻度などを細かく質問されます。問題となっている血管の場所や状態で様々なのですが、冠動脈がどの程度狭くなっているのかということと、発作の程度や頻度、発作の状況などによって細かく分類してその後の治療や対処方法が決められます。

狭心症の種類

まず病状から、安定狭心症(あんてい・きょうしんしょう)と不安定狭心症(ふあんてい・きょうしんしょう)に分かれます。安定狭心症では、発作が起きる状況や強さや持続時間などがいつも同じで安定しています。それに対して不安定狭心症は、それらが一定していません。

例えば以前は軽い運動ぐらいでも発作が起きなかったのに、安静にしていたのに突然発作が起こった、というようなことです。安定狭心症の場合は、血管がそれほど狭くなってはいない場合が多く、動脈硬化の状態を定期的に検査しながら更に悪い状況にならないように予防しておくことがまずは重要な対処方法となります。

しかしながら、不安定狭心症の場合は、血管の内側はかなり狭くなっていることが考えられ、あわせて血栓ができやすいこともあるので近い将来もっと危険な状態になることを考えながら注意しておくことになります。

発生する前の状況による分類もあり、これには労作性狭心症(ろうさせい・きょうしんしょう)と安静狭心症(あんせい・きょうしんしょう)があります。労作性狭心症とは、その名前の通り何かの運動をしたりした後に発作が起こります。運動により心臓は血液をいつもより多く送り出そうと働きますが、冠動脈が細くなっていれば血液がうまく心筋に届かず、それが心臓への負担となって狭心症が起こります。

一方、安静狭心症の場合はこれとは逆で、安静にしているのに発作が起こります。例えば寝ている時に突然発作が起きるような症状です。これは冠動脈が急にケイレンして細くなり、心臓への血流が不足するために起こります。

発生原因を血管の状態から決めているのが、冠動脈硬化性狭心症(かんどうみゃく・こうかせい・きょうしんしょう)と冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせい・きょうしんしょう)の分類です。冠動脈硬化性狭心症とは、冠動脈が動脈硬化で狭くなって血流が流れにくくなっていることが原因であることを指しています。

一般的には労作性狭心症がこれにあたり、動脈硬化が進行すると不安定狭心症の状態になり危険度が増していきます。一方、冠攣縮性狭心症とは、冠動脈が急にケイレンして狭くなり、心筋への血流が不足することが原因です。寝ている時に突然発作が起こる場合などは、安静狭心症と診断されます。安静時狭心症の原因の多くが、この冠攣縮性狭心症と言われています。

冠攣縮性狭心症の場合は、発作の持続時間が数十分続く場合もあり、また発作に伴って冷や汗が出てきて、嘔吐(おうと)するような気持悪さもあって、時には意識を失ってしまう方もいらっしゃいます。

尚、冠動脈硬化性狭心症と冠攣縮性狭心症が同時に起こる場合もあります。前述の分類はあくまでも医師が治療や対処方法を決めるためにあるもので、どのような狭心症も安心ではありませんし、次に説明する心筋梗塞へと移行しないように予防することが大切です。

狭心症と同様に冠動脈の病気としてよく聞く病気に心筋梗塞(しんきんこうそく)があります。症状が起こる場所は胸のあたりですが、時に失神してしまうような激しい痛みと発作の持続時間の長さ(30分以上から数時間と言われています)が、狭心症とは違います。

心筋梗塞は、冠動脈が狭くなっているのではなく、冠動脈が完全につまってしまい起こります。狭心症はつまっていないのでかろうじて血流がありますが、心筋梗塞となり冠動脈がつまってしまえば血流が途絶えます。心筋への酸素供給が途絶えますから動きに大きな支障を及ぼし心臓の動きそのものが危険にさらされます。緊急性は狭心症よりも高く、すぐに病院へ運ぶ必要があります。

写真

この記事の監修者大西 勝也(おおにし かつや)

三重県津市の大西内科ハートクリニック院長。心不全治療において長年、専門医として、研究・治療に携わる。その豊富な知識と経験で、一人一人に合った治療法を患者と共に考え、信頼を得ている。 [詳細プロフィール]

今回の記事はいかがでしたか?

  1. 狭心症って高齢者の患者が多いと思うんですが、若い人でも病気にかかる危険性はあるんですか?

    ナビプロさん

  2. 原因となる動脈硬化は、年齢とともに進行する。だがのう、コレステロールが高い家系は動脈硬化が早く進み、若くても狭心症になることも…。そうした特殊な状況以外では、他の病気を疑った方が賢明じゃ。実際、20代~30代の患者はかなり珍しいぞ

    本ドウさん

  3. じゃあ、遺伝的要素も関係あるってことなのかしら?

    ハルちゃん

  4. 狭心症や心筋梗塞自体が遺伝することはない!しかし、遺伝的に高脂血症であれば心臓の血管が詰まりやすい可能性が大きい。血管の詰まりは、狭心症とあながち無関係ではないぞ

    本ドウさん

  5. つまり…。直接的な要因にはならないってことでいいのかしら?それでも、まったく無関係じゃないみたいだから、自覚症状が出れば年齢に関係なく病院に行った方がいいわね

    ハルちゃん

この記事につけられたタグ

Facebook

狭心症トップへ

このページの先頭へ