音楽葬とは

編集=山田 賢人

音楽葬とは、一般に行われる仏式での読経やキリスト教葬儀での讃美歌の代わりに、故人が生前愛していた曲や関係の深い音楽を生演奏、またはテープで会場に流す形態の葬儀を指します。

無宗教葬の中の音楽葬

音楽葬は無宗教葬の中でも、音楽が中心になっていることが特徴として挙げられます。無宗教葬とは、特定の宗教・宗旨宗派の葬儀方法や伝統的な作法によらず、宗教者による葬祭行為が一切ない自由な形式で故人と別れる葬儀のことです。

無宗教葬は「自由葬」と呼ばれることもあり、葬儀会社によっては「プロデュース葬」ということもあります。しかし、厳密には無宗教葬は自由葬(プロデュース葬)の一つで、「自由葬(プロデュース葬)=無宗教葬」ではありません。

自由葬は、葬儀社が「プロデュース葬」と呼ぶように、仏式、神式、キリスト教式などの宗教による葬儀形式で標準パッケージされているような葬儀ではなく、故人の死を悼む遺族、近親者、友人などの想いを反映した自由なスタイル、演出で行う、オーダーメードの葬儀です。

「音楽葬」というスタイルも、自由葬として行われる葬儀で比較的多いものの一つに数えられます。故人の好きだった音楽を演奏してもらって葬送するというものですが、こうした演出は、仏式の葬儀の中でも行われることがあり、キリスト教でもプロテスタント系の葬儀では事例があります。

また、逆にそうした音楽葬の中で、僧侶が読経や声明(仏教の声楽)に合わせた散華(供養のために花を撒布する仏教儀礼)をすることもあります。つまり、自由葬はそのように、宗教・宗旨宗派の葬祭儀礼も取り込んで行うこともできるオリジナルな企画型の葬儀であって、すべてが無宗教葬であるとは言えません。

自由葬を行う際の注意点

自由葬は、自由な葬儀を行えるというメリットがありますが、その一方、仏式の葬儀などのように形式や流れが決まっていないため、宗教儀礼に代わるプログラムを全て考えなければなりません。これは、故人を失ったばかりの遺族にとって、とても大きな負担になります。

また、故人や遺族が自由葬を希望していても、親族や参列者によっては、儀礼に則らないで行われる自由葬に違和感を抱くということも考えられます。自由葬を行う場合、事前に親族や参列者への理解を得ておくことが必要になります。

無宗教葬の場合、納骨場所は宗旨・宗派の指定がない公営墓地や民営墓地を選ぶことになります。もし、菩提寺にある墓に納骨する予定があるのなら、菩提寺に葬儀を執り行ってもらうほうが賢明です。さらに、仏式には故人を思い出すことができる四十九日法要、一周忌法要などがあります。それに変わる追悼式を、どんな形で行うかも併せて考えておく必要があります。

場所によっては音楽を流すことができないため、式場の選択も含め、事前にしっかりと打ち合せをすることを勧めます。費用についても平均的に見れば一般の葬儀よりも若干安くなります。中には、身内だけの葬式の場合で50万円以下になることもあるようです。

自由葬は故人の思い出を表現できる手作りの葬儀です。親族の理解が得られ、負担をいとわない思いさえあれば、心に残る印象的な葬儀が行えます。

音楽葬に使用される曲や演奏方法

個人の葬儀に用いられる音楽は、生演奏のピアノや弦楽四重奏団、録音されたテープやCDなどです。大規模なものになると中編成の管弦楽団、合唱団による献歌が行われます。

ここでは、生演奏を取り入れることを選ぶ際のチェックポイントを紹介します。生演奏ということは、もちろん楽器の演奏者に依頼しなければなりません。音楽事務所に依頼することが多いようですが、最近では葬儀社自らが演奏者の手配を行ってくれる場合もあるそうです。単独で依頼する場合も、葬儀専門のノウハウを持った音楽事務所に依頼することが大切です。

また、選曲はできるだけ故人の人生にちなんだものを選び、遺族側の希望をできるだけしっかりと伝えて下さい。好きな曲や好きな歌手などがあれば、それを曲目に入れても良いでしょう。故人が楽器を演奏していた場合などは、その楽器を使った編成にするのも一案です。

故人の生まれた年や故人の活躍した時代などの曲を演奏することで、故人の人生が鮮やかにクローズアップされることもあります。葬儀専門の音楽事務所はそうした対応に慣れているので、故人にふさわしい選曲や楽器編成を提案してくれることが多いようです。さらに、故人の職業や性別、趣味なども選曲の大きなヒントになるので、できる限り細かいデータを伝えておくとよいでしょう。

また、細かい事がわからなくても「静かなイメージ」「優しいイメージ」など、故人につながる漠然としたイメージだけでも、個性のある選曲のヒントにつながります。

原曲のイメージが「葬儀にふさわしい、ふさわしくない」はあまり気にする必要はありません。依頼する事務所にもよりますが、どんなジャンルの曲でも葬儀の雰囲気に合った編曲をしてくれます。楽譜がない曲でも、希望の楽器編成に合わせ、また、葬儀のイメージに合わせた楽譜を書いてくれるので、故人のためのオリジナル演奏となり、なによりの供養になるはずです。

せっかく生演奏を希望しても、決まった曲しか対応できなかったり、特定の楽器しか使えなかったりでは、「音楽葬」の本来の意味をなしません。大切なのは、信頼のおける葬儀音楽のプロに依頼するか、そういった音楽事務所と関係を持つ葬儀社を選ぶということになります。

音楽葬(無宗教葬)のマナー

前述のように無宗教の葬儀には、宗教色のある葬儀とは異なって特定の形式や式次第はありません。自由な形の式が演出されるため、列席する会葬者が戸惑いを感じることもあるようです。

とはいえ、あまり意識せず、ほかの葬儀と同じ姿勢で参列すればよいでしょう。 席は係員が案内した場所に着席し、案内のない場合は前から順に詰めて座ります。無宗教ということで数珠の持参は控え、香典は「御霊前」で構いません。

しかし、葬儀やお別れ会の通知書に「ご厚志お断りします」と明記されている場合、香典や供物は必要ないという意味になります。この場合は故人の遺志である場合が多く、手ぶらでは出席しにくくても、先方の希望を尊重して香典などを持参するのは控えましょう。

一方で「供花、供物の儀は辞退させていただきます」という表現の場合は、先の「ご厚志お断り」とは意味合いが異なり、「供花」「供物」以外は受け取るという意味合いになります。「香典お断り」という意味ではありませんので、取り違えないように注意が必要です。

写真

この記事の監修者渡井 健次郎(わたい けんじろう)

葬儀業全般に関わるプロデュースを行う有限会社芋忠本店の代表取締役。地域の古いしきたりを重んじながら、新しい時代の葬送文化を手掛ける。[詳細プロフィール]

今回の記事はいかがでしたか?

  1. 音楽葬といっても、やはり実際に流す音楽の選曲は迷いますよね。一般的に見ればどんな曲を流すことが多いんですか?

    ナビプロさん

  2. 僕はロックとかパンクが好きなんだけど…。やっぱり葬儀で流すにはふさわしくないのかな?

    ペン知ルくん

  3. やはり、使用される音楽では主にクラシックで静かな曲が多い。しかし、最近では『無難』よりも『故人らしさ』を表現できる音楽が好まれる傾向があり、演歌、ポップス、民謡など、さまざまな音楽が取り入れられるようになっているようじゃ

    本ドウさん

  4. そうね。音楽葬の本来の目的は、故人の望む形で見送ってあげたいという遺族の思いからきているものね

    ハルちゃん

  5. じゃあ、ロックやパンクなんかの激しい曲調でも大丈夫ってことだね!

    ペン知ルくん

  6. 最終的には故人や遺族の意向が強いだろうけど、参列者の気持ちを考えることも大切だと思うよ。明らかに場にそぐわない曲は、会葬者もどんな気持ちで見送ったら良いのか戸惑うしね

    ナビプロさん

この記事につけられたタグ

Facebook

葬儀トップへ

このページの先頭へ