樹木葬とは

編集=山田 賢人

樹木葬とは、墓地として認可されている場所で行われる樹木を墓碑とする埋葬方法です。1999年、岩手県一関市に墓地としてつくられたのが日本では初めてとなります。

その後、樹木葬は全国的に広がり、各地で専用墓地ができるようになりました。この樹木葬は墓地全体が緑化され、永続的に里山として保護できることで環境保護の面からも関心を集めています。

樹木葬の概要

樹木葬はペットなどの動物葬にはよく見られる葬儀法ですが、航空機事故などで遺体が散乱した場合にもこの方法が取られます。旧来は墓石を用意できない人が墓碑を立てる代わりとして木を植えるというのが大きな理由で、基本的に樹齢数百年から数千年の樹が樹木葬に使われていました。

墓碑として用いられる樹木は、大きくならない低木が一般的ですが、植樹する地域で生育できること、生態系に悪影響しないことなどが配慮されます。現在は対応している墓地も増え、「自然に還る」という考え方で、好きな樹木の下で眠りたいと考える人も増えています。

里山といった天然・自然そのものの景観の場合のほか、整然とした公園・霊園タイプの墓地もあります。花木を墓標とした墓石の無い共同墓地の形態が一般的です。

また、故人の名前などや紹介を記した木札や石版など、モニュメントやプレートを設置する場合もあります。個人ごとの区画は定められており、植樹の本数や花木の種類については墓所により異なります。美しい花が咲く苗木が選ばれる場合が多いようです。

宗派を問わない墓地が大多数である事もポイントとして挙げられます。樹木葬にかかる費用については、区画あたりの永代使用料を申し込み時に支払い、年間費(管理料)などがかかるのが一般的のようですが、寺院などによって金額は異なってきます。新たな墓地に墓石を建立する必要がないため、一般的な埋葬法よりも格段に安価なことも特徴として挙げられます。

樹木葬と散骨との違い

最近になって聞くようになった樹木葬や自然葬ですが、日本では古来より遺灰を山や川にまいていました。しかし、キリシタンの取り締まりや檀家制度の確立、また「墓地、埋葬等に関する法律」が「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と規定。刑法の「遺骨遺棄罪」の規定で散骨自体が違法との見解により、散骨は最近まで行われていませんでした。

しかし、1991年に政府も「葬送の一つとして節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪には当たらない」と発表し、散骨は基本的に合法になり、現在に至ります。

散骨をしたい、してほしいという人は、今後、ますます増えていくことが予想されます。だからといって「実際に散骨をしたい」「法的に認められた」といっても、自分でどこにでも散骨できるわけではありません。

樹木葬は基本的に遺骨を自然に還し、循環に戻すということから自然葬の一つといわれています。しかし、樹木葬は自然葬ですが、散骨ではありません。

樹木葬自体は、遺骨を樹木の根元に埋める事になります。対して散骨は、基本的に海洋葬や宇宙葬のように遺骨をまく行為を表します。しかし、日本では法律上、どこでも遺骨を埋められるわけではありません。

原則として、霊園、墓地として登録された場所にしか遺骨を埋めることはできないのです。なので、樹木葬の場合、散骨というよりも、墓石の代わりに樹木を植えるという感覚になります。

現在は、樹木を植えるにも樹木の成長や大きくなった時の背丈、四季の移り変わりにその場所ならではの花が咲いたり紅葉したりと、樹木葬を行っている場所の四季を楽しめるように考え、樹木を植えている寺も多いようです。

まとめると、樹木葬と散骨との大きな違いは「対象となる樹木の根元付近に遺骨を直接埋めるということ」になります。そのため、供養する対象物(樹木)があり、墓石の代わりが樹木になったといって差し支えないでしょう。 

樹木葬の種類

ここでは、樹木葬の種類について紹介致します。

簡単に説明すると、樹木葬は2種類に大別することができます。日本全国で行なわれている樹木葬は、寺院境内やその周辺に設けるといったタイプが多いようです。

その中には、里山深い場所で、山自体を守るため、また、維持保全という社会貢献をしているものもあります。伐採されて木がなくなった山を買い取り、樹木葬で植樹するといった形です。こうした樹木葬の場合は、周囲の自然と共存する形になります。なお、森林保護を目的とするため、線香などの火気の使用や供物を禁止しています。

寺院や境内そのものが、国立公園などの中にある場合もあります。こういった場合は、公園内の自然に溶け込んだ樹木葬になります。寺院が管理する里山型の樹木葬は、その思想や社会貢献などは素晴らしく自然も満喫できますが、お参りしにくいこと、樹木の手入れがしづらいこと、墓荒らしの心配などがあって、公園型の樹木葬ほどの広がりはみせていません。

もう一つの種類として、墓地自体が公園のようなつくりをしている霊園の中に、個別に区画を設けて樹木葬を行なう場合があります。

この場合は個人用から大家族用など、利用人数で分けているものと「ペットと一緒に入れる」や「樹木が桜限定の桜葬」など、コンセプト別のものがあります。

こうした公園型には、住宅街など何も自然がないところにつくる人工的な庭園と、ある程度自然がある中で、それを活用しながらつくるものがあります。どちらも、人の手で常に美しく整えられていることが魅力です。

樹木葬の費用について

樹木葬を運営しているところはもともと寺だったことが多く、その後、葬送関連企業がプロデュースしたことから、基本は良心的な業者が多いようです。

もちろん、運営会社や団体によって供養の方法や考え方、埋葬の方法も違いがあり、単純に明文化するのは難しいのが現状ですが、場合によっては10万円台程度から埋葬可能なこともあるようです。

基本的な費用の相場は一人30万から50万円程度。永代供養と同じような方法を取る場合が多く、永代供養料として費用がかかるケースもあります。樹木の購入費は別途必要となるケースが多いようです。

実際に樹木葬を選ぶ人で多いのが、
「○○家の墓に入るのは抵抗がある」
「先祖の墓は守っていきたいが後継者がいない(いなくなる可能性が高い)」
「墓を建てたくても後継者がいない」
「霊園・墓石はお金がかかりすぎる」
などが主な理由のようです。

昔ながらの家制度が薄れ、核家族化に拍車がかかっている現在、時代に合った別れを求める声があっても不思議ではありません。ロッカー式の納骨堂、海洋葬、永代供養墓など、さまざまな埋葬方法が提案されていますが、その一つが樹木葬になります。

写真

この記事の監修者渡井 健次郎(わたい けんじろう)

葬儀業全般に関わるプロデュースを行う有限会社芋忠本店の代表取締役。地域の古いしきたりを重んじながら、新しい時代の葬送文化を手掛ける。[詳細プロフィール]

今回の記事はいかがでしたか?

  1. 読んで分かる通り、樹木葬といっても好きな場所に埋葬してはいけないんですね。居住場所とあんまり離れた場所に埋葬しても、定期的なお参りが厳しくなりそう

    ナビプロさん

  2. じゃあ、家の庭で樹木葬をすればいいんじゃない?亡くなった人も喜ぶと思うけど!

    ペン知ルくん

  3. まったく。さっきナビプロさんも言ってたでしょ。樹木葬は墓地として許可を受けた地域でしか行えないのよ

    ハルちゃん

  4. その通りじゃ。散骨の場合は法的制限がないようじゃが、近所との兼ね合いもあるしな。隣人の家の庭にたくさんの骨が埋まっていると知ったら、あまり気分の良いものではないじゃろ?

    本ドウさん

  5. そっかー。でもさ、樹木葬は森林の中で埋葬するんだよね?植えた場所が分からなくなっちゃいそうだよね!

    ペン知ルくん

  6. 基本的に運営する寺や団体が埋葬した人の記録を残している。埋葬された場所、埋葬された人の情報は確認できるため『埋めた場所が分からなくなる』なんて事態はそうないじゃろう

    本ドウさん

この記事につけられたタグ

Facebook

葬儀トップへ

このページの先頭へ