狭心症の手術

編集=権藤 将輝

どのような治療を選択するかは、患者さんの年齢、他にかかっている病気の常態、症状や冠動脈の状態などにより異なります。時に手術による治療を勧められる場合がありますが、ここでは、狭心症のカテーテル手術とバイパス手術について解説します。

カテーテル手術とは、簡単に言えば血管を広げる手術です。その方法は日々開発が進んでおり様々ですが、一般的にはカテーテルと呼ばれる細い管を血管の中に入れ、カテーテルの先端に付けた風船のようなものを膨らませて血管を広げます。

また、狭くなっている部分にステントと呼ばれる網の目構造をした鋳型(いがた)のようなものを入れて血管を広げる方法も一般的なものです。実はこのカテーテル手術で問題になるのは、手術の後にまた再度狭くなってしまうことです。

再狭窄(さいきょうさく)といいますが、一度広がっても数ヶ月後には再び狭くなってしまうので、最近ではこれを防ぐために、狭窄を防ぐ薬がじわじわとしみ出す仕組みを持つステントも使われています。

その他にも、カテーテルの先端に取り付けた器具により、血管についているコレステロールや石灰化した老廃物を削ぎ落としたり、カッターのようなもので血管を拡張する方法もあります。

バイパス手術は更に複雑な手術です。名前の通り、問題となっている動脈はそのままにして、側道となるバイパスを作って新しい血流の道を確保するものです。ちなみにバイパスに使う血管は、患者さんの身体の他の部分の血管を取り出して使います。

この手術の間は人工心肺装置を使うので心肺は停止状態になり、外部の人工心肺装置で血液を循環させます。最先端の手術として心肺停止を行わない方法がありますが、大変高度な技術を必要とするものです。ちなみに、先日天皇陛下が受けられたのもこの手術でした。

写真

この記事の監修者大西 勝也(おおにし かつや)

三重県津市の大西内科ハートクリニック院長。心不全治療において長年、専門医として、研究・治療に携わる。その豊富な知識と経験で、一人一人に合った治療法を患者と共に考え、信頼を得ている。 [詳細プロフィール]

今回の記事はいかがでしたか?

  1. カテーテル手術とバイパス手術の二つがあるようだけど…。どっちの手術を行うかはどうやって判断するの?

    ペン知ルくん

  2. 動脈硬化などによって冠動脈の狭窄(きょうさく)が広範囲に及んでいる場合や、カテーテル療法では治療が難しい場合、カテーテル療法を行っても再発を繰り返す場合などにバイパス手術に踏み切ることが多いようじゃ

    本ドウさん

  3. バイパス手術は外科手術で、人工心肺装置も使用しますよね?聞くだけだと大掛かりな手術のように思えますが、正直なところ、成功率はどの程度なんですか?

    ナビプロさん

  4. これまで、心臓外科手術は難しい治療法とされていたが、現在では医療技術の発達に伴って安全な治療法として確立されておる。成功率も95%以上!そこまで心配する必要はないみたいじゃな

    本ドウさん

  5. お医者さんから現在の病状や手術のメリット・デメリット、手術後の健康状態などの説明があるみたいだから、話し合いの上で慎重に決定した方が良さそうね

    ハルちゃん

この記事につけられたタグ

Facebook

狭心症トップへ

このページの先頭へ