民営墓地とは

編集=山田 賢人

基本的に墓地の経営は、一般企業に対して許可がなされません。永続性、公共性などが損なわれるためです。(1968年の法律改正前から経営されている墓地に関しては、そのままです)

対して、公益法人や宗教法人による経営は、問題ありません。その中でも、宗旨・宗派を問わずに募集しているものを民営墓地といいます。

民営墓地の特徴

宗教法人の経営であっても、宗旨・宗派不問の墓地として販売しているものを一般的に民営墓地と呼んでいます。 生前に購入できるところが多く、区画の広さのほか、墓石のデザインなども比較的自由に行えるところが多いようです。

民営墓地にお墓を得るのには、継承者が必要なこと以外に、寺院墓地や公営墓地のような資格・条件はほとんどありません。区画墓地の場合なら永代使用料を支払って契約すれば、誰でもお墓を持つことができます。

それとは別に墓石を建てなければいけませんが、民営墓地の場合は公営墓地と違い、生前でも区画墓地の永代使用権を取得することができます。まずはお墓となる区画だけを取得し、後で墓石を建てるように計画することもできます。

また、最近では民営墓地の中にも区画墓地ではない合葬型の共同墓や、永代供養型の個人墓、さらに、ペットと一緒に入ることのできる区画墓地なども登場しています。

民営の墓地は、公益の法人や宗教法人などがその場所を管理して運営しているもので、寺の墓地や公営墓地と比べると、お墓の歴史的には新しいタイプの墓地となります。

お寺の墓地や公営墓地にお墓を持つ人が増えて、それらの場所が不足してきたことから誕生したのが民営の墓地です。

民営墓地は、新しいタイプの墓地であるというだけあって、駐車場が整備され、法要を行うための施設も充実していて、とても広々としたイメージであることが多いです。

そのため、民営の墓地は郊外の土地に造られていることが多く、車で供養に通うことができる人がお墓を求めるケースが多いようです。

民営墓地は郊外のかなり広い土地にあるので、墓石を建てるスペースにまだまだ余裕があるところが多いようですが、広い敷地の中で、自分が求めた墓石がどこにあるのか迷子になるくらいの広さがありますので、番号などを頼りにしっかりと墓石の場所を覚えておく必要があります。

信仰している宗派を問わずにお墓を持つことができるというところは、公営墓地と同様ですが、住んでいる場所を限定するような条件がないので、民営墓地のほうが公営墓地よりも自由に申し込みができると感じるのではないでしょうか。

お墓を管理する費用は、公営墓地に比べると、民営墓地のほうがやや割高なところが多いのですが、法要などを営む際には、僧侶などの手配を霊園の管理者に依頼することができます。

民営墓地のメリット・デメリット

ここでは、民営墓地に関するメリット・デメリットを分かりやすく紹介します。

メリットとして挙げられるのは、広い区画から1平方メートル未満の小さな区画まで、さまざまな区画が用意されていることで、予算に合わせた選択が可能です。

また、管理棟や休憩室など、付属設備が整っているところが多く、近年ではバリアフリー墓地も増加しています。

駐車場を完備している墓地がほとんどで、お参りの際にも困らずに済みます。車でなくとも、最寄りの駅から無料墓参送迎バスを運行している場合もあるようです。

対してデメリットは、やはり公営墓地に比べると永代使用料や管理料が割高になる傾向が強い点です。また、墓地が石材店を指定しているケースがあり、個人で好みの石材店を選ぶことが不可能になります。

メリットと矛盾するようですが、郊外の墓地では交通の便が悪いところもあります。事前の下調べが重要となるでしょう。また、「民営」ということで、良く管理された墓地と、管理の悪い墓地との差が大きくなります。

写真

この記事の監修者渡井 健次郎(わたい けんじろう)

葬儀業全般に関わるプロデュースを行う有限会社芋忠本店の代表取締役。地域の古いしきたりを重んじながら、新しい時代の葬送文化を手掛ける。[詳細プロフィール]

今回の記事はいかがでしたか?

  1. 最近は子供を産まない家庭も増えているけど、後継ぎがいなくなってしまう場合は何かしらの料金は戻ってくるんですか?

    ナビプロさん

  2. そういった場合でも返金の可能性はない。永代使用料は代が続く限り使用権が認められているということじゃ。つまり、100年使用しても5年で使用を取りやめても返金はない。権利を放棄することになるだけじゃな。

    本ドウさん

  3. そうね。もちろん、売買も不可。どこの墓地を購入するとしても事前の相談、計画が必要ね。

    ハルちゃん

  4. なんか買う気がなくなるな~。

    ペン知ルくん

  5. とはいえ、祖先への感謝の念や信仰心も、形に置き換えないと忘れてしまうこともある。お墓を本当に必要とする理由はそんなところにあるかもしれん。

    本ドウさん

この記事につけられたタグ

Facebook

墓地トップへ

このページの先頭へ