寺院墓地とは

編集=山田 賢人

寺院墓地とは経営主体が宗教法人である墓地のことを言い、法律的にも寺院の墓地経営は宗教活動の一環として捉えられています。

寺院墓地特有の檀家制度とは

寺院墓地はその経営主体がそうであるだけでなく、墓地を使用する側にとっても宗教が大きく関わってきます。宗旨・宗派を問わない民営墓地との大きな違いは、寺院墓地でお墓を建てるにはその寺の檀家になる必要があります。

寺の檀家になるということは、その寺院の宗派の信徒になるということです。

そのため、寺院墓地でお墓を建てる場合、単に境内にお墓を設置し、その管理をお願いするということだけでなく、寺院運営の構成者の一人として寺への支援や協力をするということが必要となってきます。

寺院墓地は、江戸時代にはじまる檀家制度のもとで普及・発展し、明治以降も墓地形式の主流を占めてきました。

一般の霊園とは異なり、その宗旨・宗派が大きな意味を持つ寺院墓地ですが、最近では同じ仏教であれば特定区画に限り、宗旨・宗派を問わないとする寺院墓地も増えてきています。

その要因として寺院墓地の多くが都市部の一等地にあり、その立地のよさから需要が高まってきていること。また、核家族化や少子化によって地域や親類との関係が希薄化し、家や宗派の重要性が薄れてきたことなどが挙げられるでしょう。

寺院墓地を選ぶ最大の利点は寺院の境内に墓地があるということです。住職や僧侶の位置が墓地と近いため、日々、読経供養をしてもらえるほか、管理面でも安心できます。

法要も寺の本堂で行われるため便利であり、法要や仏事に関しても相談にのってもらえます。また、寺院の檀家になることで子供や孫など子孫の代までも手厚く祀ってもらうことができます。

かつて寺は、人々の悩みや相談に乗り、住職の説法によって心の平静を与える信仰の中心であり、地域の中心でもありました。

しかし、隣近所における人間関係が希薄になっている現在、地域の中での寺の重要性は徐々に失われつつあります。

寺院墓地にお墓を建てるということは、檀家の一人として寺院と人間的な付き合いを持ち、地域の磁場としての寺院を支えていくということでもあるのです。

寺院墓地の現在

寺院墓地は寺の数と同じくらい点在していて、小さな規模の寺院墓地から、大規模な寺院墓地までさまざまです。

街中など比較的お参りがしやすい場所に存在する場合も多く、利便性から選ぶ人も多いと言えるでしょう。

寺院墓地は公営霊園や民間霊園と違い、契約する場合は寺の住職と面談をする必要があります。いくら墓地を気に入ったとしても、住職の考えと自身の考えの違いが大きい場合は、今後の付き合いに影響が出てくるため、注意が必要です。

最近は寺院墓地であっても、「過去の宗旨・宗派は不問」という場合があるようです。しかし、民営墓地の「宗派不問」とは意味合いが違います。

契約する際、以前はその寺院に所属する必要がありましたが、現在では、宗派を変える必要がない寺の寺院墓地に申し込むこともできます。

寄付金や布施について

「布施」というと、僧侶に払う経代、供養料のような印象を持つ人が多いかもしれませんが、布施とは対価として支払うものではなく、金に限ったものでもありません。

慈悲の心を持ち、自分の持てるものを惜しまず、見返りを求めずに差し出すことが布施の本来の意味です。

現在、一般的に行われている布施は「財施」といいます。金や物をといった財産を施すことです。また、法事やお葬式などで僧侶が経をよんだり 法話を話したりしますが、これらは僧侶がする布施なのです。

正しい仏の教えを説くという布施や、法話や祈念によって恐怖を除き安心を与える布施を行っているのです。つまり、檀家と僧侶は互いに布施を行っているのです。

ですから、檀家さんのお布施(財施)の多少によって僧侶の態度が変わるのはおかしなことですし、経の上手さで供養されたかどうかが変わるわけではないのです。

大切なのは、強制されてやることでもなく、見返りを求めてやることでもないということです。あくまで、自分の修行のためという名目です。

ですが、檀家になれば、寺院の運営上の費用などを寄付金・布施として出す必要があります。昨今の風潮で、寄付を非常に忌避する傾向にあり、寺院の方でも、寄付金を頂戴しない事を公言している寺院もあります。

霊園と違って寺院の良い点は、檀家は寺院の構成者であり、何かあった時に権利を主張できる事と、葬儀・法事を通じてさまざまな相談・便宜を図ってもらえる事になります。

霊園の場合は、企業的な運営が多く、あくまで利益が重視されています。また、霊園では墓地の使用者であっても権利を主張する事はできません。

これは、これから続出すると予測される霊園の経営破綻に際しては重要な点です。寺院の檀家であれば、権利を主張できますが、霊園ではその主張を認められることは少ないでしょう。

寺院墓地は、比較的立地の良い「寺院」の中にあるということもあり、公営墓地や民営墓地に比べても、永代使用料は若干高くなる傾向があります。

さらに檀家契約をするということから、前述のように「布施」が必要になる点も見逃せません。布施の金額には決まりがなく、宗派や寺院によっても違うので、不安なときは檀家の人に聞いてみるのがいいかもしれません。

写真

この記事の監修者渡井 健次郎(わたい けんじろう)

葬儀業全般に関わるプロデュースを行う有限会社芋忠本店の代表取締役。地域の古いしきたりを重んじながら、新しい時代の葬送文化を手掛ける。[詳細プロフィール]

今回の記事はいかがでしたか?

  1. 寺院墓地を購入するということは、必ず檀家に入らなければいけないんですか?

    ハルちゃん

  2. 例外はあるかもしれないけど、寺院墓地を使用するに際しては運営元である寺院の檀家に入ることが条件のようだね。

    ナビプロさん

  3. 仏教の発祥は日本ではないが、檀家制度は江戸幕府の宗教統制政策から生まれた制度で日本特有のものじゃ。ちなみに、彼岸の墓参りや盆の法事は、檀家制度によって確立したとされておる。

    本ドウさん

  4. じゃあ、お彼岸やお盆は檀家制度から生まれたの?でも、今はお寺と交流がある人の方が珍しいような気がするけど…。

    ペン知ルくん

  5. そうじゃな。現代では家人の葬儀や先祖の年忌法要といった儀礼でしか寺と檀家は接点を持たないなど、その関係性は希薄化しているようじゃ。

    本ドウさん

この記事につけられたタグ

Facebook

墓地トップへ

このページの先頭へ