歯周病菌とは

編集=山田 賢人

歯周病は、歯垢(プラーク)に含まれる「歯周病菌(細菌)」が歯茎などの歯周組織に感染することで、歯肉(歯茎)の炎症を引きこします。これが進行すると歯肉の中にある、歯の土台部分である歯槽骨(顎の骨)を溶かしてしまいます。

この歯垢は歯と歯肉の境、歯と歯の間、歯のくぼみや溝など、ブラッシングではなかなか手の届かない場所に繁殖しやすいものです。歯を爪などでこそいだとき、白い固まりのようなものが取れると思いますが、これが歯垢です。

この歯垢の1mgのなかには、およそ2億の細菌がいるとされており、口の中に入ってくる食物を餌にしています。この細菌の恐ろしいところは、餌を食べるとどんどん増殖すること。歯周病の初期段階とされる「歯肉炎」は、歯肉の柔らかい部分が炎症を起こしている段階です。

これが進行すると歯周病になりますが、中には炎症で終わる人もおり、患者の年齢や細菌の種類、歯肉の形状などによって変わります。

また物を食べたり、ブラッシングすると出血してしまうのは、歯と歯肉の間の歯周ポケットが歯周病菌により拡大してしまい、歯肉が炎症や腫れを起こしていることが原因です。

特に歯根に歯垢や歯石がべっとりとついている状態と考えてください。歯肉の内側には栄養を送り込む毛細血管がいくつもありますが、この部分に細菌が入ってしまうとエネルギーの消費量が増えてしまい栄養供給がおろそかになりうっ血が起こり、そこへ物を噛むなど力が入ると、簡単に血が出てしまうのです。

細菌の住処である歯垢は、唾液に含まれるカルシウム成分と混ざることで歯石を作ってしまいます。歯石は目の細かい、小さな空洞がある軽石のような形状です。この歯石は細菌の栄養分となるものが含まれているので、どんどん細菌は繁殖をはじめます。

この歯石、実はダイヤモンド、オパールの次といわれるくらい硬いもの。そのため、ブラッシングでは取り除くことはできないのです。

今回の記事はいかがでしたか?

  1. そんな菌があるなんて知らなかったなぁ。いろんな悪影響があるんだよね?

    ペン知ルくん

  2. 僕は歯周病菌が、全身疾患に関与している証拠もあると聞いたことがあります。

    ナビプロさん

  3. 確実とは言えないが、どうやら歯周病菌には骨を溶かしてしまう毒素、動脈硬化との関連性も疑われているようじゃ。

    本ドウさん

  4. 歯周病菌を増やさないためには、しっかりとプラークを除去することが重要ね。

    ハルちゃん

この記事につけられたタグ

Facebook

歯周病トップへ

このページの先頭へ