心臓弁膜症

心臓内部にある弁に障害が起こる心臓弁膜症について解説。悪化すれば心肥大、心不全、心筋梗塞の恐れがある心臓弁膜症についての豊富な情報を、専門家監修で紹介します。

心臓弁膜症の症状

症状として代表的なのは、動悸や息切れ、また疲れやすいということです。しかしながら軽度の段階では、あまり症状がない場合もあります。症状が悪化す…

『心臓弁膜症の症状』の続きを読む »

心臓弁膜症とは

心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)とは、心臓内部にある弁に障害が起こる病気です。弁が完全に開ききらなくなる狭窄症(きょうさくしょう)と、弁…

『心臓弁膜症とは』の続きを読む »

心臓弁膜症の予防

原因が先天性の場合には、生まれたときから心雑音があるなどするため、心臓超音波検査(心エコー)で常に状態を見ておくことが予防となります。…

『心臓弁膜症の予防』の続きを読む »

心臓弁膜症の治療

心臓弁膜症の治療は内科的な治療と外科的な治療があります。ここでは内科的な治療についてお話しし、外科的なものは手術の項目で解説します。…

『心臓弁膜症の治療』の続きを読む »

心臓弁膜症の原因

心臓弁膜症の原因には、生まれたときからの先天性のものと、その後の生活で発症する後天性のものがありますが、その原因がはっきりしないものも多くあ…

『心臓弁膜症の原因』の続きを読む »

心臓弁膜症の手術

手術には、弁形成術(べんけいせいじゅつ)と弁置換術(べんちかんじゅつ)の2種類があります。心エコーなどで検査して適応であることを確認して方法…

『心臓弁膜症の手術』の続きを読む »

このページの先頭へ