親権

民法で「親権を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」とあるように、親権は子供を育てる権利と義務を定めたものです。権利と言うと堅苦しいイメージですが、簡単に言うと「子供の責任者」ということができます。

親権とは

民法第820条で「親権を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」とあるように、親権とは子供を育てる権利と義務を定めたものです…

『親権とは』の続きを読む »

親権争いにおいての調停

家庭裁判所による第三者の調停員立ち会いの下で行われる離婚調停で親権を決める場合、離婚原因は重視されません。例えば父親の不倫が原因で別れること…

『親権争いにおいての調停』の続きを読む »

民法が定めるところの親権とは

親権とは民法818条で「1. 成年に達しない子は、父母の親権に服する2. 子が養子であるときは、養親の親権に服する3. 親権は、父母の婚姻中…

『民法が定めるところの親権とは』の続きを読む »

離婚時の親権争い

既に申し上げた通り、離婚に際してはまず協議=話し合いで決めることが一般的です。この場合、離婚届に親権を記入する欄があるので、そちらに記入する…

『離婚時の親権争い』の続きを読む »

親権は変更できるのか?

一度親権者を決めた後でも、親権者が「暴力や虐待行為が行われている」「再婚し、子供がほったらかしにされている」「長期入院することになり養育がで…

『親権は変更できるのか?』の続きを読む »

親権争いとなった場合の戸籍

まず戸籍についてご説明すると、記載されている人がどこで生まれたか、親は誰かなど身分を証明する制度です。よく住民票と勘違いする方もいますが、そ…

『親権争いとなった場合の戸籍』の続きを読む »

父親が親権を持つ場合

離婚後、一般的に親権を持つのは母親になるケースが多いようです。裁判所の判断基準に「母性優先の原則」というものがあり、特に乳幼児期から10歳ぐ…

『父親が親権を持つ場合』の続きを読む »

このページの先頭へ