遺言

人が亡くなると、その人の財産は配偶者や子などの身近な遺族に相続されます。遺言とは、財産の分け方などについて故人の最終的な意思を伝える手段です。遺言は、法律用語では「いごん」と言い、満15歳に達した人なら原則として誰でも遺言をすることができます。

遺言とは

人が亡くなると、その人の財産は配偶者や子などの身近な遺族に相続されます。遺言とは、財産の分け方などについて故人の最終的な意思を伝える手段です…

『遺言とは』の続きを読む »

遺言が存在する場合の相続について

遺言と相続について触れる前に、相続のことを簡単に説明しておきましょう。相続とは、亡くなった人が残した財産を、配偶者などの身近な人が引き継ぐこ…

『遺言が存在する場合の相続について』の続きを読む »

公正証書遺言とは

遺言の方式の一つである「公正証書遺言」は、全国に約300ヵ所ある公証役場で2名以上の証人の立ち会いのもとに、遺言者が口述した遺言内容を公証人…

『公正証書遺言とは』の続きを読む »

遺言作成とその書き方

では実際に、遺言書作成の例を見ていきましょう。ここでは、遺言の中で最も手軽で費用がほとんどかからない自筆証書遺言の書き方について説明します。…

『遺言作成とその書き方』の続きを読む »

遺言執行者とは

遺言に書かれている内容を実行させる行為を「遺言の執行」と言い、これには相続による所有権移転登記などの煩雑な手続きをしなくてはなりません。 遺…

『遺言執行者とは』の続きを読む »

遺言信託とは

一般的に「遺言信託」と呼ばれているものには「遺言による信託」と「信託銀行の遺言に関するサービス」の2種類があります。…

『遺言信託とは』の続きを読む »

遺言書とは

遺言書と似ている言葉に「遺書」がありますが、遺書とは何らかの事情で死が迫った人が、周りの人に宛てて残すメッセージです。新聞のニュースなどで、…

『遺言書とは』の続きを読む »

遺言が効力を発揮する範囲

遺言書には何を書いてもかまいませんが、「兄弟は仲良く」「母親を大切に」といった道義上のメッセージは世上遺言と呼ばれ、法律的効力はありません。…

『遺言が効力を発揮する範囲』の続きを読む »

遺言の執行について

遺言の多くは、その内容を実行させるために何らかの行為が必要になります。これが「遺言の執行」です。遺言の執行は、選任された遺言執行者(遺言執行…

『遺言の執行について』の続きを読む »

このページの先頭へ